mv-pc
mv-sp

レントゲンで骨格の歪みを確認した原因治療

cause-treatment

原因治療とは、その痛みがなぜ痛いのか理由をしっかりと調査し、その調査結果を生かして治療することを言います。

この原因をしっかりと把握せずに治療を行うと、一時的には改善されたとしても、すぐに再発してしまうことも多くあり、原因治療を行うことが痛みの完治に繋がるのです。

腰痛や頭痛、偏頭痛、片頭痛で悩まされている方は、非常に多くいらっしゃいます。

これらの痛みの原因の1つに骨格のゆがみがあり、このゆがみを改善していくことで、痛みを解消することができるのです。

当院では、これらの痛みを解消するために、原因治療を実施し、お客さまに痛みのない普段通りの暮らしを行って頂けるよう全力でサポートさせて頂いております。

当院が解消できる痛みと再発しない理由

当院では、以下の痛みを再発することなく、解消することが可能です。
もちろん、その他の痛みにも対応することができますので、詳しくはお問い合わせください。

当院で治療できる痛み

  • pain1

    腰痛

  • pain2

    頭痛

  • pain3

    坐骨神経痛

  • pain4

    肩こり

  • pain5

    手のしびれ

  • pain6

    足のしびれ

  • pain7

    骨盤の歪み

  • pain8

    首の痛み

  • pain9

    自律神経失調症
    (めまい・ふらつき)

当院が痛みを解消できる2つの理由

pain-reason-1

レントゲン

あなたを健康へ導く大切なものです。

TLBCオフィスでは、お客様の健康(利益)を最優先に考え、全てのお客様にレントゲン撮影をお願いしています。

あなたのお困りの症状や痛みの原因を判断する上で、からだの中を確認するのは可視化されたデータ、つまりレントゲンが必要になり、原因解明の判断材料となります。

正しい骨格のレントゲンあなた様のレントゲンを比較し、「歪み」をあなたの目で見て確認して頂く事が出来ます。

そして歪みを正す事により、将来起こりうる健康被害の予防にも繋がります。

本来の健康を第一に考えるのであれば、レントゲンで身体の中を検査するのは最優先するべきです。

pain-reason-2

初期集中矯正

歪みによる痛みや症状を軽減、または改善するには、初期の集中治療が一番大切になります。

初期集中矯正治療とは、矯正施術の間隔を詰めてレントゲンで確認した歪み(原因)を正常な位置にエスコートし、症状に変化をもたらすことです。

脳が歪んだ位置を記憶している為、矯正しても元の歪んだ状態へ戻す力が働く為、この初期段階で矯正治療を怠ると症状の変化や回復が遅延します。

そもそも痛みというのは、意識として感じることを言います。痛みを感じる前には、疲労が蓄積しているということです。

初期集中矯正治療は、ゆがみが原因である痛みの改善をはかるのに、もっとも大切な矯正治療です。

一人一人に適した施術

suitable-treatment

TLBCオフィスでは、まずレントゲンを確認し、どこに痛みの原因があるのかを分析します。そしてレントゲン写真を見ながら1時間程頂戴し、痛みの原因の箇所や原因の改善に対して矯正治療が有効なのかなど、治療プランについてご説明致します。

もちろん痛みの原因が骨格にないケースもございます。その場合は正直にその様にお話させて頂きます。

そして、最終的に矯正をするかしないかを判断するのは、あなた自身です。一人一人のご事情・ご都合に合わせた方針を立てて、十分にご納得した上で、最先端骨格矯正を受けて頂きたいと考えております。

会社案内

当医院は、堺市での営業を行っております。
お電話でのサポートもお受けしたしておりますので、ご興味がございましたら、
お気軽にお問い合わせをお願いいたします。

堺オフィス

map

〒593 8312
大阪府堺市西区草部 1085 22
TEL : 072-275-1577

> 詳しいマップを見る

ブログ