Blog

健康のはなし

寝つきが悪い、不眠で疲れが取れない…原因は?

TLBC堺 ストレートネック 不眠


「体は疲れ切っているのになかなか眠れない」
「首や背中の筋肉が緊張し不快感で眠れない」
「寝つきが悪くなんども目がさめる」
「寝ても寝足りない すっきりしない」
など熟睡できずに困られている方が多いようです。




日本人を対象にした調査によれば、5人に1人が「睡眠で休養がとれていない」「何らかの不眠がある」と答え、60歳以上では約3人に1人が睡眠問題で悩み、睡眠薬を服用している人も沢山いらっしゃるようです。

睡眠は、私たちにとってカラダとココロのメンテナンスを行う大切な時間です。

睡眠不足や睡眠の質が低下していると十分なメンテナンスが行えず、カラダ・ココロの不調を引き起こします。


夜遅くまで起き睡眠時間を削る行為は、命を削っていることと同じと言われているように、睡眠を軽く考えてはいけません。

睡眠時間や睡眠の質を高める事が大切なのです。


ある疫学調査では、【睡眠時間7時間が死亡率が最も低かった】と言われています。

2002年カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが110万人を対象に行なった疫学調査によると、平均的な睡眠時間は男女とも7.5時間という結果でした。

同時に睡眠時間と死亡率の関係も調査した結果、最も死亡率が低かったのは睡眠時間が約7時間(6.5時間以上7.5時間未満)の人たちでした。

逆に睡眠時間が短い人…例えば3時間睡眠の人たちの場合、睡眠時間が約7時間の人たちより死亡率が1.3倍ほど高かった。一方、7時間より睡眠時間が長い人も約7時間の人よりも死亡率が上がるそうです。寝すぎも良くないですね※休日は疲れをとる為に寝だめする方いますが基本寝だめは出来ません…汗

また、名古屋大学の研究で、40歳から79歳の男女約10万人を対象にした調査の結果は、平均睡眠時間は男性7.5時間、女性7.1時間でした。

10年後の死亡率がいちばん低かったのは、睡眠時間が7時間(6.5時間以上7.5時間未満)の人たちで、睡眠時間がそれより短い、また長くなるほど、死亡リスクが増しているという結果でした。

日々私たちが健康に生活を送る為には睡眠時間、良質な睡眠が必要です。



しかし、寝る間際までスマホを観ている、夜中までゲーム、ドラマを観るなど睡眠時間を削っていませんか?

小腹が空いたからと夜中に何か食べたりしていませんか?

これらは当然眠りの質を悪くさせ睡眠不足に陥ります。質の悪い睡眠、短い睡眠時間の状態を長年繰り返すことにより、自律神経バランスは乱れ、様々な健康問題を引き起こします。

例えば、免疫力の低下 ストレスによる過食 肥満 記憶力の低下 糖尿病 高血圧 うつ病 心臓疾患などの症状を引き起こす要因となります。



睡眠障害により自律神経バランスを崩し、交感神経優位状態が続くと熟睡できない、入眠導入がうまくいかない…など自律神経の乱れからさらに不眠や睡眠障害を引き起こし負のスパイラルに入り込んでしまします。不眠、睡眠障害でお困りの方は、入眠環境の見直しと自律神経バランスの確認を同時に行わなければなりません。

本来、交感神経は昼間に優位に働き副交感神経は夕方から優位に働くように2つの神経がバランスよく入れ替わります。しかし、不眠や睡眠の質の低下の方にはの自律神経の切り替えがスムーズに行えない状態となります。



仕事や人間関係でストレスを感じている、遅い時間の夕食、偏った食事内容は自律神経バランスを乱す要因となり睡眠の質の低下を引き起こします。その結果カラダに不調を起こし、疲労回復がスムーズに出来なくなります。毎日目覚めが悪い…疲れが取れない方は睡眠の質を下げる要因を改善することが必要です。



最近の不眠の原因としてブルーライトがよく取り上げられています。現代人はスマホを見ながら寝落ちすることが日課になっているようですが、眠りの質を下げる大きな要因です。早くベットに入っても遅くまでスマホ操作していれば、目から入る光により交感神経が刺激され、睡眠ホルモンのメラトニン分泌量が減少します。その結果、脳が覚醒され入眠時間は遅くなり、睡眠の質は低下し、睡眠不足・不眠と繋がります。



睡眠不足は、注意力や集中力の低下、仕事の効率や生産性の低下、上記に挙げたような日々の体調不良、免疫力の低下、代謝の低下☞肥満などデメリットばかりしかありません。せめて就寝の2時間前からスマホの使用を控え、10分でも20分でも早く寝る習慣をつけて下さい。これだけでも睡眠の質や不眠を改善することに繋がります。

とは言え、不眠や睡眠の質を下げる原因は《自律神経バランスの乱れ》です。

そして自律神経バランスが乱れる要因は「血液の栄養不足」「骨格の配列の問題」の2つがあります。今回は「骨格の配列の問題」と「自律神経」についてお伝えします。


自律神経の重要な「脳幹」の位置はこの辺り

レントゲンで確認するとこの辺り



自律神経バランスの乱れは、特に上部頚椎の歪みに関係しています。
注目するのは位置関係です。自律神経のコントロールセンターの脳幹は、第1、第2頚椎のあたりに位置します。この第1、第2頚椎(上部頚椎)が歪むと=脳幹を支える土台が不安定な状態⇒脳幹へのストレスとなります。


その結果、脳幹への血液循環が悪くなり、脳幹の機能が低下し、自律神経が正常に機能できなくなります。。。本来人間は、目覚めてから交感神経が優位になり、夕方頃から副交感神経が優位となり徐々に入眠に入っていきます。

しかし、頚椎の歪みにより自律神経が不調となり、本来副交感神経が優位になるはずが交感神経が優位になり続けてしまいます。

このように上部頚椎と脳幹の位置関係は自律神経バランスを左右する要因となります。

不眠や睡眠障害の要因として、頚椎の問題を確認し改善することは最低限必要ですが、それ以外の要因へも取り組むことも大切です。

食事の見直し、生活習慣の見直し、腸内環境を改善することは個々で取り組むことが出来ますが、頚椎の配列異常に関しては自身で治せませんので、歪みを確認したら歪みを矯正する治療が必要になります。


睡眠不足、眠りが浅いなど冒頭の様に悩まれているあなたが、首の痛みや首肩の重度のコリ、腕が疼くなどの神経症状を発症しているなら、必ずレントゲンで背骨の状態を確認してください。


もし、ご自身の頚椎や骨格の状態を確認されたい方は、私(ささき)までメールをください。




最後まで読んでいただき有難うございました。