Blog

健康のはなし

首をボキボキッ!やらないほうがいい理由とは

TLBC SAKAI OFFICE




「首をボキッと鳴らす人・・・それやばいですよ」




こんにちは 

まず結論から…
これは結構やばいクセだと、是非気付いて頂き 今すぐ止めてください…



「頚椎ヘルニア」という辛い症状を聞いた事がある方はご理解頂けると思います…




長い時間のパソコンやスマホの操作やキッチンでの調理をしていると、とにかく首が凝って凝って仕方ない、つらい、目が痛くなる、吐き気する、頭痛する、イライラするー




“ボキッボキッ”

“あースッキリした~”





誰しも下を向く姿勢は、構造上首の筋肉に負担がかかり、肩がコリます。

そんな時、つい首を鳴らしてしまう方結構いらっしゃいますよね。




“実際に首をよくボキボキと鳴らすクセがあるんですがこれって良くないことでしょうか?“・・・と質問を受けるケースがあります。

そして・・・

「ヘルニア」になるって聞いてちょっと怖いので出来るだけやらないようにしたいんだけど…鳴らさずに済む対処方法ってありますか?






私(ささき)は「そうですねーまず、止めてください。」とまずお伝えしています。



※首をボキッボキッと鳴らさずに“首こり”という症状を解消する方法はありますのでこのまま読み進めてください・・・




逆にお聞きしますが・・・

“首をボキボキ鳴らして肩こりの解消に役立っているでしょうか?“






確かにその行為により、一瞬首や背中が”すっきりした”と感じますよね。
しかし、それは一瞬楽になった気がするだけなんです。



その理由として・・・また首を鳴らす行為を繰り返していることです。





一瞬の快楽はそれ以上の快楽を求めてしまうものなのですが・・・正直、1ミリも良い事はないので、すぐに中止されたほうが良いです。



皆さんが考えている以上に、首の骨の関節や椎間板にダメージを与えています。



多くの方が、その事実を知らずに首をボキボキと頻繁に鳴らしています。
しかし、命にかかわる病気を引き起こす可能性もあります。





首を鳴らした時の衝撃は、1トンもの圧がかかると言われています…怖)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ココ、もの凄く重要で大切なことです!




ちなみにあまり重要視されていませんが、よく質問がある「音について」は諸説御座いますが、今のところは関節内の圧が高まり、気泡がはじけた際に発生すると言われています。




とりあえず音のことは置いといて、そもそも何故首を鳴らしたくなるのか…と、原因について考えていきましょう。






鳴らしたくなる時は、首が詰まって気色の悪い状態のときに鳴らしたい衝動に駆られるようです。





そこでボキボキやると首回りがすーっと気持ちよくなります(一瞬だけ)。



しかし、原因があって、その結果鳴らしたくなるので原因を解明することが重要です。




〇首が張って固くなる原因とは・・・



“デスクワークで長い時間下を向いているから?”


それとも・・・


“背中を丸めてスマホ小さい画面を凝視しているから?”



両方当てはまりますが、でも考えてみてください。




同じ仕事内容をしていても首のコリを感じない方もいますよね。




どうして??



それは背骨に何かしらの問題が、影響している可能性があります。




その問題として「頚椎(首の背骨)の歪み」が考えられます。




頚椎が歪むと背骨の関節が硬くなり、可動範囲が減少します。




可動範囲が狭まると、関節をつないでいる筋肉の収縮も少なくなる為、筋肉が硬くなります。




筋肉が過緊張を起こし、関節の周りの血行不良となります。



結果、筋肉中の疲労物質や老廃物が蓄積し、さらに筋肉が硬くなります。




徐々に違和感や不快感が増し、「首を捻ってボキボキ鳴らしたくなる!!」と、不快感がMAXになりボキッボキッとやってしまうのです。



硬いビンの蓋を開ける時、一瞬、強い負荷を加えますよね。



動きが悪くなっている関節に強い負荷をかけて動かす行為は、背骨の関節や椎間板を傷つける恐れがあります。




実際に、首を鳴らした瞬間、激しい痛みで首が全く回せなくなったケースや指先や腕が痺れ始めて受診した病院のドクターから頚椎ヘルニアと診断されたケースもあります。



さらに恐ろしい事は“首の動脈”を傷つける恐れがあることです・・・



首には2対の動脈があります。
そのうちの椎骨動脈を傷つける可能性が高くなります。





椎骨動脈は、頸動脈と違い頚椎の横突孔という穴の中を通り、頭蓋骨の中に入り脳底動脈につながります。
脳へ血液を送る重要なパイプです。



首を左右に強く捻じる動作で椎骨動脈の内部を傷つけられます。



そして、傷ついた血管内部に血栓が形成される危険があるのです。



血液状態が悪く、動脈硬化が進んでいる方はさらに危険度が高くなりますよね・・・。



勢いよくボキボキっと首を捻った結果血栓が勢いよく飛ばされる・・・ことも可能性として考えられます 汗)。




もし動脈硬化と診断を受けられている方は、食生活の見直しや生活習慣の改善は必須です。



動脈硬化が進行している事に気づかず生活している方って結構いらっしゃいます。



「まだ私大丈夫やしィ」と、根拠なき安心は本当に危険ですよ。

改善する取り組みをしなけれどんどんリスクが高くなります。




もし動脈硬化の進行や将来的な病気のリスクは未病血液検査で確認できますので、「俺の血管硬くなってないか心配やねん」という方はお問い合わせください。

※動脈硬化の危険性についてはまたの機会にお伝えさえて頂きます。






「首をボキボキ鳴らすクセをやめたほうがいい理由」についてお伝えします。




ご自身の首(頸椎)の状態をレントゲンで確認し説明を受けたことはございますか?



骨の隙間が狭くなっている

椎間板が少なくちびっている

関節の軟骨がすり減っている

変形して棘が形成されている




もし、この様な首(頚椎)のトラブルを抱えている状態を知らずに、首をボキボキ捻っていたらどうでしょう。




整骨院や整体院で、骨の状態を確認することもなく「首を矯正しましょう」とボキッ、ボキボキッと捻られたらどうでしょうか・・・





想像すると怖くないですか。

いや怖いでしょ!!




先ほどもお伝えしましたが「頚椎ヘルニア」を発症する危険も御座います。
くれぐれもご注意ください。





頸椎ヘルニアになりたくない。
”ボキボキッ”から卒業されたい方は、すぐにお問い合わせください。






最後まで読んで頂きありがとう御座いました。


TLBC SAKAI OFFICE  佐々木 孝継