Blog

健康のはなし

虫歯じゃないのに歯が浮くのは?

TLBC SAKAI OFFICE首の痛み

「頭痛が酷い時や疲れた時に歯浮くのは??」

頭痛や疲れている時に「歯が浮く」と訴えられる方がいらっしゃいます。


また、

「肩コリがひどくなると歯が浮く感じします??」と、お客様から質問を受けました。


歯科のサイトで確認すると、歯の根っこの部分は、歯と骨の間に歯根膜という薄いクッション状の繊維に包まれています。



この歯根膜の毛細血管がうっ血して腫れて炎症を起こすと、歯が持ち上がる格好になり、「歯が浮いている」と表現されるのです。

ドクターの診察を受け、血行不良や炎症の要因を突き止めて対処してもらう必要があります。




質問頂いたお客様も矯正を受けられる以前は、歯が浮いていた時に何度か歯科へ行かれたそうです。

しかし、歯の問題は見つからず不安に思われていたようです。TLBC SAKAI OFFICE歯茎腫れ


現在、頚椎の施術を受けられて肩や首のコリが改善し、気が付けば歯が浮く感じがなくなったと言われていました。

首(頚椎)の問題により歯が浮いていたのだと考えられます。




今、通信を読まれている方の中に、肩や首のコリがひどい時に奥歯が浮くような感じになる方がいらっしゃるのではないでしょうか?結構いらっしゃいますので。

今回は歯の浮く原因について皆さんにお伝えさせて頂きます。
もしご家族や同僚の方で首や肩こりで歯が浮く方がいらっしゃいましたらぜひシェアしてください。

ただし、歯が浮くような感覚が長く続くのであれば、すぐに専門医の診断を受けて下さい。



しかし、歯に問題がないケースで考えられる要因を

●自律神経の問題

●首回りの問題(背骨の歪み)

この2つに絞って今回はお話させていただきます。




歯茎が炎症を起こし歯が浮く感じがするので、炎症を起こす原因を詳しく調べて適切な処置が必要です。


■自律神経の関係

交感神経と副交感神経からなる自律神経は、急激な温度変化により大きくバランス乱れます。

先週までは気温が高く日中はロンTで過ごせましたが、最近は1日の寒暖差、屋内外の気温差が割と激しく堪えました。

この急激な温度変化によるストレスで自律神経のバランスを崩しやすくなります。

自律神経はバランスを保ち安定していますが、交感神経が過剰な状態が続きアンバランスになると、交感神経の緊張により顆粒球が増えます。(血液の話です)



顆粒球【好酸球・好中球、好塩基球】が増えることで【活性酸素】が大量に産生されます。




活性酸素は呼吸や細胞の新陳代謝など、さまざまなところから産生されます。



その中でも活性酸素発生の比率では、顆粒球から放出されるものが約8割を占めます。



血液検査結果で顆粒球の数値が高いと交感神経が優位な状態を表し、ストレスを抱えていると判断します。



顆粒球高値

→交感神経優位

→自律神経バランスが乱れる

→活性酸素が大量発生(汗)




活性酸素と聞くと「細胞を活性してくれるんでしょ?」と、良いイメージを持ってしましそうですが、普通の酸素よりも「酸化させる力が強い酸素」なので、イメージとは逆で健康に対して悪い効果が大きいのです。


この「酸化力」とは…例えば、鉄が錆びたり、古い油が黒くなったりするのは酸化力が原因。



これらと同じように体内のタンパク質や脂質が変質するのも酸化力が原因。

しかし、外部からの侵入者に対して攻撃し守ってくれる役割もあるので、私たちが生きていくうえで必要な物でもあるのですが…



しかし、活性酸素が全身のあらゆる所で大量に発生すると、その強力な酸化力で細胞を殺傷します。



これにより組織破壊が起こり、免疫力が低下し、ガンや炎症性の疾患、糖尿病、動脈硬化など、さまざまな病気が発症します。

したがって顆粒球が増加すれば、体内は活性酸素でいっぱいになっているのです。



歯が浮く=歯茎の腫れ(炎症)は、交感神経が優位になり活性酸素が発生した結果と考えられるのです。



普段、自覚症状がないのに虫歯や歯周病が悪くなっているのも、免疫の低下により菌の働きが活発化し歯茎の腫れを引き起こしていると考えられます。



◇この「酸化」を抑えるには「抗酸化栄養素」のビタミンC・ビタミンE・ビタミンAを摂取する。


特にビタミンCは、免疫タンパク質の働きを強めると今回のコロナ感染予防として注目されています。




◇カラダを酸化させる食品の摂取を控える。

●加工食品(人口添加物だらけ)

●高糖質食品(長時間血糖値を上昇する食品)

●コンビニ弁当・惣菜

●AGA(糖化最終生成物)

●時間が経過した油を多く使った料理

●インスタント食品

●ポテトチップスなどのスナック菓子

酸化した油は活性酸素を増やしますので注意が必要です。




■上部頚椎の歪みを確認する

自律神経の中枢は脳の視床下部と呼ばれる部分にあり第1、第2頚椎(上部頚椎)の中を通っています。

この上部頚椎が歪み、傾くことで自律神経の中枢部に影響が起こり、自律神経の流れが悪くなり、全身の臓器や器官に脳からの信号が十分に伝わらなくなるため、様々な症状が引き起こされます。

また、頚椎の歪みや捻じれは、関節の可動域の低下や首回りの筋肉を固くし血行不良を起こす原因になります。




特にストレートネックや逆カーブなど頚椎の問題が強い方は注意が必要です。


歪みにより、頭と首の付け根(顎関節の後ろ側)あたりが固く血行が悪い状態になると、歯根膜の毛細血管の血行不良を引き起こす要因となります。


ちなみに近所の整骨院でマッサージを受けて歯の浮くのが楽になっても一時的な解消でしかありません。
(根本の改善になっていませんから)



原因を確認するために頚椎の未病検査をお受けください。
また、血液検査結果で自律神経のバランスを確認することもお勧めします。


詳しく知りたい方は、オフィスまでご連絡ください。


本日も最後まで読んでいただき有難うございました。

◇◆本日のまとめ◆◇

●頭痛時や疲労時に歯が浮く感覚を訴える方が多い

●歯茎の膜の血行不良や炎症が原因

●交感神経優位は活性酸素を大量に発生

●ストレス、喫煙、飲酒は活性酸素増える

●頚椎の歪みも交感神経を優位にさせる

●生活習慣、食生活、頚椎を見直すことは免疫強化にもつながる

●抗酸化栄養のビタミンCは積極的に取り入れる