Blog

腰の痛み

座っていると腰が痛くなる原因

TLBCSAKI カイロプラクティック




立っていたら平気なんだけど…ずっと座っていると腰が痛くなる…このような方いらっしゃいますよね。


仕事で座っている姿勢が良くないのか?それとも仕事を辞めたら腰痛がなくなるの?どうして座り仕事で腰痛になるの?私だけどうして…?と疑問に思われているあなたにお答えしていきます。

まず、座っている姿勢がどれくらい腰に負担が掛かるのかについて数字で表すと、立っている姿勢の腰の負担を100とすると、座っている姿勢は140になります。立った状態で前傾になると150となり、座った状態で前傾になると185もの負担が腰にかかります(汗)



座って前傾姿勢…まさしくパソコン作業・事務作業姿勢です。その姿勢を長時間強いられたら負担により痛みが強くなるのは当然ですね。

座った姿勢を長く保持すると筋肉が硬直し、血流循環が悪くなり痛みが出ます。小まめにカラダを動かしましょう!と言う方もいます。確かに血液を循環させれば一時的に改善させることが出来ますが、職場で何度もカラダを動かし続ける事はそう簡単に出来ないケースもあるでしょう。


根本は動かせないから痛くなるのではなく、なぜ血液循環が悪くなるのか?について考えることです。


腰の痛みの原因を考えていきましょう。



まずは①血液の状態悪化




血液の状態は日々の食生活と関係しています。


血液の状態を悪化させるような食生活は改善する必要があります。例えば、糖質過多の食生活、加工食品、ジャンクフード、精製された糖質(砂糖、小麦など)…大体この様な食べものを中心に召し上がられているなら血液の状態は悪く(ドロドロ)なっています(汗)。また、その影響は腰痛だけにとどまりません。動脈硬化の進行を早めるので脳梗塞、心筋梗塞など生活習慣病の発症リスクを高くします(大汗)。



肉体的疲労の主な原因は、疲労物質(乳酸)の蓄積。乳酸は糖質が分解されエネルギーに変換される際にできる物質。乳酸が多く蓄積されると筋肉は酸性に傾き十分に働けなくなり、疲労感やだるさ、筋肉の張りとなります。


ですから同じ姿勢を強いられるパソコンや事務作業などのデスクワーカーは腰背部の筋肉が過緊張し血行不良状態を起こしやすい。そこへ乳酸がどんどん蓄積されていくと、確実に筋肉の働きは悪くなります。筋肉が委縮している状態なので適度に動かすことも必要ですが、硬く縮んだ筋肉の繊維は傷つきやすい為、強いストレッチはお控え下さい。

TLBC OFFICE SAKAIストレートネック
乳酸が蓄積する要因の一つはビタミンB1不足。ビタミンB1不足により糖質の代謝がうまく進まず乳酸を体内に蓄積しやすくなります。その結果、だるい・疲れやすいなどの症状がおこります。ビタミンB1をサプリメントで摂取するのも効果的です。



■酸素不足の疑いも?
筋肉の疲労回復にはカラダの隅々の細胞まで酸素を供給させることが必要です。この酸素を運ぶ上で“鉄”“タンパク質”が必要です。この2つの不足、もしくは欠乏している状態が“貧血”です。未病血液検査で多くの女性に貧血を確認できます。



あの食べ物やこの飲み物が疲労回復にイイとか皆さんよくご存じなのですが、あれやこれやと食べれば結局過食になり胃腸の負担になりますよね。基本は、今の食事内容を見直し、一つずつ不必要な食べ物を減らしていく事です。そう足し算ではなく引き算です。その為に自身に何が不足しているのかを知る、そして不足栄養をしっかり食事で摂取する事が一番無駄が無くスマートです。



しかし、食事を変えると言っても何から手を着けたらいいのか分からない方は、血液検査表を活用されてください。ただ、一般的な健康診断では保険の範囲内の決められた検査項目しか分からないので詳細に判断することは難しいです。



もし、カラダの栄養状態を詳しく知りたい方は、私(ささき)までご連絡お待ちしております。そこで浮き彫りになった不足栄養素をしっかり補う事でカラダ栄養バランスが整います。



②姿勢の問題

腰に負担をかける要因は
・頚椎の歪み(ストレートネック・逆のカーブ)
・腰のカーブ消失
・骨盤の歪み
と3つで考えていきます。


▲頚椎の歪み(ストレートネック・逆カーブ)

頚椎が歪むと、頚椎の関節が不安定となり、頭の重さを安定して支えられません。頭が支えられなければ、頭は下向きになります(うつむくような姿位)、自然と前傾姿勢になって背中、腰の筋肉へ負担を掛けます。

TLBC SAKAI OFFICEスマホ首

▲腰のカーブ消失は、腰の動きを悪くする要因

骨盤の歪みも腰への負担を増大させる要因になります。

正常状態の腰は前に弯曲(カーブ)し安定し上半身の重さや衝撃を吸収することが出来ます。逆に前カーブ角度が少ない、まっすぐや後方へ弯曲していると腰への負担が大きくなり、上半身の重さが分散されず衝撃が吸収されにくくなり腰の筋肉への負担となります。


カーブがない=骨格で支えにくい⇒無駄に腰の周辺へ負担が掛かり筋肉の過緊張へ⇒血行不良⇒虚血性の筋肉の痛みの発生。座り仕事をしていなくても、常に腰へ負担は掛かっています。普段から腰のカーブを意識した座り方を摂ることが大切です。



▲骨盤の歪み


背骨を支えるベースとなる骨盤。土台が歪めばその上の建物も傾きます。骨盤が歪めばその上の背骨も当然影響を受けバランスが崩れ、それを補うように腰回りの筋肉を過緊張させ続ける。この状態でパソコン作業やデスクワークをすればすぐに疲労し痛みを伴うでしょう。


姿勢が悪い状態で座る
⇒腰の弯曲が崩れる
⇒椎間板や椎間関節に誤った圧が継続的に掛かり続ける
⇒腰痛発症となります。

更に負担を掛け続けると、慢性腰痛だけではなく腰椎椎間板ヘルニア、腰椎関節変形へと進行する恐れがあります。




腰に負担を掛ける要因に骨格の問題が関係している可能性があります。首、腰、骨盤の状態をレントゲンでご確認ください。

腰への負担を最小限に減らし、血液循環が悪くなる要因を防ぎ、腰への負担を最小限にすることができれば座り仕事でも腰の痛みは軽減されていきます。


最後まで読んでいただき有難う御座いました。