Blog

健康のはなし

「浮腫み」や「冷え」は体調不良のサイン

TLBC堺 ストレートネック

「浮腫み」「冷え」の悩みを抱えている女性が結構いらっしゃいます。中には「浮腫み」や「冷え」に気づいていない方もいます…


美容の面で気になるむくみ




例えば、

夕方になると足が浮腫んで太くなる(悲)

寝起きは顔がパンパンに浮腫んでいる(悲)

仕事帰りはパンプスがきつく足が痛い(悲)など…基本的に女性に多く見られる症状と思われがちですが…もちろん男性も浮腫みます。




この浮腫みとは?





「余分な水分や老廃物を捨てることが出来ず、どんどん溜まっている状態」です。入った分だけ出ていけば浮腫みませんが、入った分が出ない、出せない…つまり排泄がうまく出来ていない状態がむくみです。出せない⇒腎臓機能のトラブル疑います。






もし腎臓に異常が確認されなければ、「神経」もしくは「血液」の問題を疑います。神経=自律神経の問題 血液=血液栄養状態の問題と考えます。



○自律神経の問題⇒頸椎の状態をレントゲンで確認する※歪みの確認

○血液の問題⇒血液検査データで確認する※不足栄養素の確認

この2の問題を確認して浮腫みを改善することに早急に取り組んで頂きたいです。





その理由は「浮腫みは体を冷やす大きな原因となる」からです。




浮腫みでどうして冷えるのか??
未病の支点では、「浮腫み」は水の流れが停滞し“水溜まり”が出来ている状態。水が溜まる⇒冷える⇒細胞や組織が硬くなります。


炎症が慢性し水が溜まる→冷える→固くなる→血行不良→低体温→免疫低下(汗)





「冷え」は万病のもとと言われています。この冷えを予防する為には、浮腫みを改善する必要があります。まず原因を知るそして対応し一日も早く浮腫みの改善に取り組んで下さい。



“浮腫み”は特別痛みを感じませんので放置しがちで…後々大変なことになります。“浮腫み”で特に影響を受けやすいのは…胃の粘膜だそうです。胃の炎症部に水が溜まる⇒胃が浮腫みポリープが出来ます。




え、ポリープが出来る!?と聞くとかなり焦りますが、“浮腫み”は割に日常的な症状なので危険視されません。





「お酒を飲んで寝た翌朝は浮腫んでいるんですよね~」と軽く考えている方がおられますが、細胞の慢性炎症=ガン細胞と考えれば(汗)“浮腫み”は早急に対処するべき(大汗)だと私(ささき)は思います。




また、腸も浮腫みます。






炎症により腸が浮腫むと腸にポリープが出来ます。特に便秘や軟便の方は、腸内環境が悪く腸が浮腫み、悪玉菌が増殖している可能性があります。腸内環境が悪くなると免疫力は低下し、がん細胞の増殖を抑える力が弱まります(汗)腸の浮腫みも同様に症状を感じ無い為、見過ごされがち…です。





今や2人に1人がガンになる時代です。
たかが“浮腫み”と思うのではなく、対処されることが大切です。しかし、原因が分からないと、気になってるけど…ずっとこんな感じだし…気が付けば忘れてそのままに…



「浮腫み・冷え」改善に向けて一緒に考えていきましょう。その為には病気になる一歩手前の「未病状態」の内に対処する事が大切です。未病サインを対処せずに過ごしていると不調から様々な病気を発症する可能性が高くなります。この未病の内にきちんと対応する事で様々な病気を未然に防ぐ、もしくは予防に繋がります。「浮腫み・冷え」もこの未病の段階で解決するように早めに対処する事が望ましいです。






その対処方法とは?





私たちのカラダは、約60%が水分でできています。その体内の水分の3分の2は「細胞内液」という細胞の中に含まれる水分です。残りは「細胞外液」といい血液に含まれる水分や細胞と細胞の間を満たしている水分です。これらの水分は、細胞に栄養を送ったり、老廃物を除去する役割を担い、細胞や血管の中を行き来して体内の水分バランスを保っています。



そして「浮腫み・冷え」の原因とは



●浮腫みは循環障害、冷え性は末梢への血流低下

●自律神経の乱れ 

●立ち仕事や座り仕事など同じ姿勢を続ける

●ホルモンバランスの乱れ

●水分の不足

●運動不足・筋力低下

●栄養不足

●疾患 腎臓、肝臓、心臓などの疾患

などがあげられます。





ここで注目頂きたいのが「栄養不足」。
まさか栄養不足?毎日の食事で栄養はしっかり取れていると思われます。お腹いっぱい食べているから栄養が満たされている根拠は何でしょう?糖質過多の食事で必要な栄養を必要量摂る事は不可能です。





糖質過多の食事は、美味しくお腹いっぱいになりますが、決して栄養バランスは良くないし、栄養を十分に摂取することはできていません。また、アルコールの飲みすぎ、外食、加工食品や総菜は塩分が多いですので注意しなければなりません。




糖質よりも重要な栄養素は『タンパク質(アミノ酸)』です。



ところで血液検査表でタンパク質不足が確認出来るのをご存知ですか?また、ご自身の血液検査の数値や意味を把握されているでしょうか?↑印ついてないのでOK、範囲内だからOKと思っている方が大半です。確かに、何らかの疾患をお持ちで必要な項目なのであれば、数値の改善に取り組み正常値に収めることは重要です。



体を構成する一番必要な栄養素<タンパク質>

タンパク質のアルブミンは血管の中と外の水分量の調節に関係しているので、タンパク質不足によりアルブミンが不足すると浮腫みの原因となります。




このタンパク質からアルブミンを肝臓で作ります。肝臓に必要な栄養は<ビタミンB>

糖質・脂質・アルコールの代謝に働く肝臓機能に必要な栄養素です。アルブミンは肝臓で合成される為、肝機能の状態でアルブミンの数値を左右します。この肝臓の働きには、ビタミンBコンプレックスが必要です。



他にも関係する栄養素がありますが、‟浮腫み・冷え”改善に上記の栄養素は必須で、不足を改善する優先度は高いです。




‟浮腫みや冷え”が気になる…これからの季節は冷えるし改善したいと思われる方は、まず栄養の不足を確認下さい。その際は、私(ささき)までご連絡頂けましたら当オフィスの未病検査(血液検査)で確認致します。



最後に、体内の水分排泄量を調整する薬や血圧を下げる薬を飲み続けている方は、薬の副作用により本来備わっている排泄機能の働きが悪くなりますのでどうぞお気を付けください。