Blog

健康のはなし

首・肩の痛みは「骨の変形」が原因?

TLBC SAKAI OFFICE 首の痛み

■首~肩の痛みは“骨”の変形が原因?

加齢と共に様々な症状が現れる度に…


▼どうして?

▼何もしていないのに?

▼えっこれくらいで痛みが?

▼そのうち治るだろう?

▼整骨院で電気とマッサージをしてもらおう

▼鎮痛剤で取りあえず痛みを抑えよう

▼冷えてるのかな?


私たちは「痛み」や「痺れ」そして「凝り」などの症状に対して、本当にイロイロと妄想に駆り立てられます。


その妄想を行動に移す最悪なこととは…

〇整骨院で電気とマッサージ

〇鎮痛剤で取りあえず痛みを抑える

どうして“2つ”が最悪だと言えるのか

TLBC SAKAI OFFICE 首の痛み



それは、症状の原因を”うやむや”にして、その原因を長らく放置した結果、新たな症状に悩まされることになる…

これが大きな理由です。



まず・・・

〇整骨院で電気とマッサージ

本来、外傷性(ケガ)が原因でなければ、整骨院を受診することはできません。

これは違法となり罰せられます。(ココ注意してください…)



整骨院の何が問題なのか?

科学的根拠を用いずにお客様に説明することです。

それも“如何にもそれらしく”説明します。

どうして分かるのかって?

私も柔道整復師だからです(汗)



■開業するまで整骨院で“雇われ院長”として働いていたのでよく知っています。

働いている内に「違和感があるなぁ」「どうして手で触って背骨の状態が分かるのか?」など沢山の疑問を抱いていたので、正直、“如何にもそれらしく”というのはホントなのです。汗)



実際に背骨や骨盤をレントゲン撮影して確認すると・・・「えっ全然違うやん(汗)」


このように曖昧なことをしていて、ホントに悩み困っている人を助けることが出来ていたのだろうか?と…





それからは、科学的データを用いたこの治療法を学び、お客様の現状をレントゲンデータに基づき分析し”曖昧ではなく、誰が聞いても理解できる説明をし、治療を行っています。




■そのレントゲンデータで最も有効といえるのが、”骨の変形”が目で見て確認できることです。

あ、もちろん骨盤の歪みも正しくわかります。





その“骨の変形”で、辛い症状が表れやすいのが『首~肩の痛みやコリ症状』、そして『腕へのツッパリ症状』や『腕を挙上し難くなる状態』です。





首~肩への症状だけなら、20~30歳の若い世代にも現れますが、その症状にプラスαとなる『腕へのツッパリ』『腕が上げ難くなる』この症状は、45歳以上に表れやすい特徴があります。

■ここで間違い易いのが、「四十肩・五十肩」と言われる総称の症状です※正しくは“肩関節周囲炎”詳細は別のブログに掲載させていただきます。



レントゲン撮影をして確認していないと『腕へのツッパリ』『腕が上げ難くなる』のこれらの主訴に対して、施術する側は・・・「四十肩・五十肩」を曖昧な判断をして、その説明をするでしょう。





だが、科学的根拠であるレントゲンデータがあれば一目瞭然で原因がわかり「四十肩・五十肩」ではないことを説明できます。



■首~肩の辛い症状でお悩みの場合は、症状に対してまず一つの原因を科学的データで確認することが、症状から解放される近道であるのは間違いありません。

TLBC SAKAI OFFICE首の痛みTLBC SAKAI OFFICE頚椎



例えば・・・

尋常じゃない頭痛に見舞われた際に、病院でMRI検査などで異常が確認されなければ安心する筈です。

まさかこんな危険な症状が出ているにも関わらず、整骨院やマッサージに行って安心する人はいない筈ですよね。(汗)

逆に もしのその様な人がいるとすれば恐ろしい話です…もっと“命”と“健康”を大切にしてくださいとお伝えするでしょう。



■そして最悪なもう一つ…

〇鎮痛剤で取りあえず痛みを抑える

TLBC SAKAI OFFICE首の痛み

症状の原因を先送りにしていきなり鎮痛剤はいかがなものかと…

痛み、その他の症状が激痛であれば、優先順位として分からなくもありません。

“習慣化”しないことを前提としてなら“OK”です。


しかし、その後は必ずレントゲン撮影で背骨の状態を科学的データで確認されてください。

なぜかといいますと

▼首~肩への症状

▼腕が上がり難い

▼腕までツッパリがでている

この“3つ”が揃うと、首の関節 いわゆる 【頸椎の歪み】が考えられるからです。

ここでもう一度その原因である“骨の変形”レントゲンデータをご覧ください。


TLBC SAKAI OFFICE 頚椎TLBC SAKAI OFFICE首の痛み



“骨の変形””骨の整列”が悪くなっていると、首~肩への筋肉に指示を送る神経が圧迫されます。
その影響によりスムーズな伝達がなされ難くなります。



■この状態では、首~肩そして腕までの筋肉の柔軟性が失われ、伸縮が上手く行われ難くなります。

その影響で血液の流れが悪くなり、筋肉の疲労も取れ難くなります。


▼怠い

▼重い

▼ツッパリ

▼凝り

などの症状も現れ易くなります。




筋肉を伸縮させるには、関節を動かすことしか方法はありません。



そして・・・脳から背骨の中を通る「脊髄神経」が、背骨の関節から筋肉に伝達を送り伸縮させます。


■私たちのカラダは、常に複合的な連携をして「筋肉」や「関節」を動かしています。

複合的な連携が崩れているか否かは、科学的データで確認する以外に手段はありません。

前述したように・・・「尋常じゃない頭痛」の原因を知ることと同じなんです。


年齢的に多く現れる症状の一つ・・・

▼首~肩の痛みやコリ

▼腕が上げ難い(肩が上げ難い)

▼腕までツッパリの症状が出ている

この3つの内“2つ”を感じたなら、その原因はほぼ「骨の変形」即ち、頸椎の整列が悪くなり首~肩そして腕に届く神経や血液の流れが悪くなっていると思ってください。


〇整骨院で電気そしてマッサージ

〇鎮痛剤で抑える




もし、あなたが上記のいずれかを選択しているなら、その症状がこの先強くなる恐れがあると思われます。

私たちは加齢と共に、健康で過ごすことをより強く思う筈です。

その健康を脅かす多種多様な症状には必ず原因があります。



その一つが今回お伝えした“骨の変形”即ち、頚椎の歪み(首関節の不整列)です。

この状態は科学的データで確認する以外に手段はありません。


貴女が辛い症状の原因を確認して解放されたいと強く思うなら、当オフィスまでご連絡ください。


提携しているクリニックで背骨の歪みが正しく分かるレントゲン撮影「未病検査」が受けられます。

※特別な検査なので他のクリニックでは行っていません。
詳しくはお問合せください・・・


最後に…

私たちのカラダは【神経】【血液】のいずれかにトラブルが起こると必ず症状が現れます。


その為には、私がご提案させていただいている「未病検査」を是非お受けください。
症状の原因である“ひとつ”が必ず判ります。




最後まで読んで頂きありがとうございました。