Blog

健康のはなし

首をひねった時のポキポキ音の正体は?

TLBC OFFICE SAKAIストレートネック腰痛

「首を捻った時のポキポキ音は何?ポキポキしない方がいい理由。」




先生から首を鳴らさない方がいいよって言われているんですが、首を鳴らしたくなって…ついやってしまいます。

気になってたんだけどどうしてポキポキ音がするのですか?

何の音?と疑問に思われている方が多いのでお答えさせて頂きます。



あのポキポキ音。

実は医学的に解明されていません。



ですので、これからお伝えすることが正解ではありません。

しかし、より正解に近いと言われています。




ちなみに
「骨と骨が擦れて、音がなっているんでしょ」と仰っられていた○○さま、残念!違います!!汗)



しかし、骨と骨が当って音が鳴っていると思われている方が多いのはこれも事実です。





このポキポキ音は、ギャビテーションと言われています。

(ギャビテーションとは…液体の流れの中で、圧力差により短時間に泡の発生と消滅が起きる物理現象を言います)



関節に一定のストレスが掛かると、関節腔(関節を覆う袋)を満たす滑液の圧力が変化して気泡がはじける空洞現象。



普段動かさない範囲に、関節を急に曲げたり伸ばしたりすると関節腔の容積が一気に増し空洞ができます。



これが関節内部で作用しポキポキ音の原因となります。(クラッキング音とも言います)



この空洞の正体は、滑液に溶けている窒素や二酸化炭素といった気体です。



関節内の圧力が急に下がったために(陰圧)、滑液に溶けきれなくなった気体が気化するのです。



滑液が一気に流入して、空洞が消滅するときの衝撃により音が発生し、関節内で共鳴することであの「ポキッ」と音が鳴るのです。



つまり「ポキッ」と鳴る音は、骨や軟骨そのものが摩擦を起こすことで鳴っているのではないのです。



あと、何度も繰り返してならないのは、気泡の生成におよそ20分程の時間が掛かると言われ一度鳴らすとしばらく音がならなくなります。



◆首をポキポキ鳴らさないほうがいいですか?

鳴らさない方がいいです。

1度ポキポキ鳴らしたらといってとんでもない状況になる!事はありません。



しかし、

人に鳴らされるケース(整体治療など)

頚椎の変形が進行している方

頚椎椎間の隙間が狭くなっている方

は、首を捻るもしくは捻られる行為はくれぐれもご注意下さい。



ちょっと考えてみて欲しいのですが…

なぜ首をポキポキしたくなるのか??
スマホの見すぎ?
テレビの見すぎ?
猫背だから?

頚椎椎間関節部にストレスが掛かり硬くなっているから…
関節が硬いと関節の可動域が狭まります

その関節に付着している筋肉の可動が減少

筋肉の運動量が減り血順が悪くなる

酸素や栄養の供給が低下する

筋肉の硬結が強くなりじっとしていられなくなりボキボキ鳴らしたくなる。。。


硬い物を強い力で捻ると壊れますが、ご自身でポキポキする程度では、簡単に関節が壊れることはないでしょう(加減するから)。


しかし、他人に捻られたり、頚椎に問題がある方が、習慣的にポキポキやっていると、関節面の軟骨部が痛んできます。


滑らかな動きは出来なくなり、次第に骨の表面が変形、滑らかな表面がザラザラになり骨棘(トゲ)が発生します…泣)


機械だと定期点検し、部品を取り替えるだけで済みます。

私たちの関節も機械のように早期、定期点検する習慣があれば長持ちするのですが・・・

動きに滑らかさが無くなり始めているのに何のメンテナンスもなく、使い続けている訳ですから不具合が出て当たり前なんです。

なぜ関節が硬くなるのか?

引っかかっているのか?

捻じれているのか?

何かしらの原因があるはずです。


原因を知り対処することで首をポキポキする回数は減りますし、鳴らすこともなくなります。

いつもお伝えしているようにカラダの状態を把握することが大切。

定期検診に必ず血液検査を受けます。



保険の範囲なので、最最最小限で必要項目を調べます。

これはカラダの中の状態に異常がないか調べるためです(あまり詳しいことはご存知でない事が多い)。

同様に関節の状態を調べる事も大切です。


もし背骨に歪みや問題があるとします。

しかし、歪みは自然に戻る事はありません。



成長や加齢、生活習慣も加わりさらに歪みや背骨の問題は強くなっていきます。



これは骨格専用のレントゲン撮影を分析することで詳しく確認することが出来ます。



また、過去のレントゲンデータと比較すれば、骨格の変化も確認することが出来ます。



◆最後に…

「常に首がむずむずしてしまう」

「首を捻ったり、首筋を無意識に伸ばしたりする」

「 動かさないと いてもたってもいられない」

「無意識に首をいじっていたり 鳴らしてしまう」

「突然に急激に重くだるくなる」

「起床時が一番つらい」

お子様は勿論ですか、中高年者も頻繁にスマホを利用される時代となり上記の様に首の不調を訴える方が増えました。

まずご自身の状態を知る為にも、骨格専用のレントゲン検査でご確認ください。



最後まで読んで頂き有難うございました。