Blog

健康のはなし

顔の歪みって首の歪みに関係する?

TLBC SAKAI OFFICE ストレートネック 頭痛

*************************
顔の歪みは首の歪みと関係しています。

その歪みをどう確認しているのか?

非常に重要です。
************************



腰や首などを痛めて骨格矯正治療を行っている整骨院や整体院へ行くと・・・



背骨を触りながら



「この辺が傾いているので何番の骨が歪んでいますね」




うつ伏せの状態で足首を持ち上げて



「右の足の長さが短いので右の骨盤が歪んでいる」と言う治療院がほとんどだと思いますが・・・




そのような経験ありますか?


でも、何番目の背骨の骨が歪んでいるや骨盤が捻じれているとか・・・




様々な治療方法があり、もちろん患者さんの好みもありますし、治療院を選ぶ基準も様々なのですが、触るだけで原因を確認されるのと、画像で確認した上で触診して原因を確認されるどちらが安心して治療を受けられますか?



もし原因を知りたいと感じているのであれば、私(ささき)は、画像で確認して触診して貰う方が安全・安心だと思います。

これは、様々な治療を受けてきた私(ささき)が患者として初めてこの骨格矯正を受ける際に感じたからです。




触って確認だけでは、歪みを判断する材料としてあまりにも根拠が乏しいです。



見て手で触れて 足の長さを比べて得た情報を頼りに背骨や骨盤の歪みを当てる。



本当にその見立てが正しいのか??・・・レントゲンがないから答え合わせできませんね。



TLBCテクニックは、矯正治療の前に必ずレントゲンを撮影して頂き症状の原因をレントゲンですることを義務付けられています。



以前、私たちの協会の外部の者(同業者)からレントゲンで100%確実に原因がわかるのか!!と言われたことがありました。





確かにレントゲンで100%分かりません。

しかし、レントゲンでカラダの中を確認するメリットは沢山あります。

・安全な施術の提供

・症状の原因を見つけやすい

・骨折の確認ができる

・骨粗鬆症の確認

・動脈硬化が進行しているか

・将来的なヘルニアのリスクの有無

・頚椎症のリスクの有無



などなど・・・沢山の情報を入手する事が可能となり、患者さまの悩まれている問題の解決や将来的に患者さまの大きな利益になると考えています。



以前にも顔の歪みについてブログを書きましたが、顔の歪みを気にされている方はレントゲンで原因を確認されてください。

頚椎の歪みが原因であれば、頚椎の歪みを正すことで顔の歪みも改善されていきます。



◆顔の歪み=頸椎の歪みの問題が全て当てはまりません。



ですが、比較的歪みを確認する事が多いです。



先程にもお伝えしましたが、顔が歪む要因は頸椎の歪みだけではありません。



勿論、日常生活の姿勢や無意識の行動でも歪みますし、また歪みを助長させています。


〇机に肘を着いて顎を乗せるクセ

〇ヘアースタイルの影響(分け目)を気にして常に首を傾げる

〇うつ伏せで寝る

〇片方の奥歯で噛むなど


知らず知らずに自分自身で顔の歪みを作っている可能性がありますので、日常の行動を意識して観察することが大切です。



結構、無意識にやっています。



そして、まさか自分の首が歪んでいる?自分で歪めている?なんてコレッポッチも考えたことのない方が結構多いです(汗)。




実際に、提携先のクリニックでレントゲン撮影する際、ほとんどの方は一番いい姿勢を意識して撮影に臨まれるようですが・・・(まさか歪んでいるとは思っていない)

大体この辺りがまっすぐな位置かなっと姿勢を意識してまっすぐ立っているのに…



「もう少し正面を向いてください」「顎上がりすぎています」「もう少し頭を左に戻してください」と、レントゲン技師から指示や修正されるそうです。



しかし、首の歪みが原因で頭が傾いている状態でも、その方にとってそれが「普通」と脳が認識していると違和感を全く気付くこともないかもしれませんが、頭を正しい位置に直されると、めちゃくちゃ違和感があります。



写真撮影の際にいつも頭の傾きを直される経験がある方は、首に問題がないかを確認されてみて下さい。



本来であれば、顔の中心と背骨は一本のライン上にあることが正常(理想)です。



しかし、頸椎に問題があると頭が傾きます。



顔の中心が体の中心(正中)のライン上から外れます。



それにより下顎も正中ライン(カラダの中心)から外れます。


鏡で左右の顎関節の高さを確認してみて下さい。


顎関節の左右の高さほぼ一致していますか?




もし高さが違ったまま使い続けると…



続きはこちらで確認ください!!

↓↓↓↓↓

https://ameblo.jp/tlbc-sakai/entry-12616036470.html



とくに第1頚椎、第2頚椎の歪みを改善する事で顎関節症が改善されるケースが多くあります。

実際に首の治療を受けている最中、気づいたら顎関節痛が改善されていた!と喜ばれていた方がいらっしゃいました。



顔の歪みに対して、首の歪みを改善する事は有効な手段だと私は思っています。



しかし、困られている全ての方に有効とは言えません。



首の問題が100%ではなく他の要因もあるからです。


例えば

〇背骨が強く側弯しているケース

〇生まれつき歪みを持っているケース

〇歯並びが問題のケース

〇骨が変形しているケース

〇奥歯の本数が左右で違うケース


など、原因は様々あります。




しかし、骨格の歪みが関係しているのであれば、手の感覚であれやこれや歪みを確認するよりも、レントゲンを活用すれば問題解決へのスピードは格段に上がります。



模型を組み立てる時に説明書がある方が作業効率がいいですよね。



目的に向かうとき地図がある方が最短で到着できますよね。



問題となる原因をレントゲンで確認するべきでしょう。



是非、お確かめ下さい。




頸椎の歪み由来の顔の歪みに対して、



「ちょっと歪んでいるのが気になっているんだけどね。でもどこで診てもらったらいいか解らないし、どうしたらいいのか分からないからそのままにしています・・・」



と放置していると歪みは必ず悪化する為、頭痛、頚椎ヘルニア、頚椎症など辛い症状を発症する事になりかねません。



もし周りに気にされているお友達がいらっしゃいましたら、一度レントゲンで首の歪みを確認して貰っといたらと声を掛けてあげて下さい。


その際は、私(ささき)までご連絡下さい。




最後までお付き合い頂き有難う御座いました。