Blog

健康のはなし

ぎっくり腰はヘルニアのサイン?

TLBC SAKAI OFFICEヘルニア



みなさんはこの様な経験はございますか?




朝・・・顔を洗おうと前に屈んだ瞬間「あっ!やばいギックリかも」と全く動けなくなり、冷や汗たらたら(大汗)



こんな経験をした貴女は分かると思います・・・ホントにビビりまくりになると体験者から聞くことがあります。

勿論、お客様や友人に知人からです。



因みに 私(ささき)は運がいいのかまだご縁はありません。


この様な状況と言いますか、状態を医学用語では“急性腰痛症”と呼ばれます。





通称「ぎっくり腰」




この言葉はお馴染みだと思いますが、別名「魔女の一撃」この怖い言葉は聞き慣れないかもしれません。


“ぎっくり腰”になる時は・・・一瞬の動作です。




例えると・・・

〇朝、顔を洗おうと前に屈んだ瞬間

〇靴下を履こうと屈んだ瞬間

〇重たい荷物を抱えて腰を捻った瞬間

〇暫くしゃがんだ姿勢で作業をして立ち上がった瞬間

〇床の物を拾い上げた瞬間



上記以外で多く聞く動作として・・・

〇少し前かがみで横の新聞を取ろうと、手を伸ばした際に「あっ・・・」とくるあの不安な瞬間





このような感じで “ぎっくり腰”、即ち魔女に一撃をくらうこととなります…汗)




このとても辛く激しい痛みを経験した人には解って頂けると思いますが、一人で起き上がることも立ち上がることも出来ない程の激痛(大汗)




この時に誰かが傍に居るなら、まだ助かる余地もありますが、“トイレ”などの時が大変です。




筋骨隆々の大の男性でも、誰かの肩を借りてなんとかトイレで用を足すことができますが、もしも傍に誰もいないなら…もう悲惨です。

ホントに笑えない・・・状況。


こんなとても辛い“ぎっくり腰”を経験した貴女は「もう懲り懲り」と必ず思う筈なのですが、のど元過ぎれば忘れてしまいがちです。



多くの方が結構な割合で“ぎっくり腰”を繰り返しています…汗)


ぎっくり腰の原因が『腰』だと思っている方が多いのですが、実は、ぎっくり腰の原因は『腰』ではなく『首』にあるのです!※詳細は別の記事で詳しくお伝えすることにします。


そして対処法は

〇安静にすること

〇痛みが強いポイントにアイシング

そして、少し動けそうでしたら動く←←←ココとても重要です!




動くことで、血行が良くなり負傷部へ酸素や栄養を送ることが出来るので、激しい痛みも少しずつ軽減し、症状が軽減してくる筈です。



しかし、“ぎっくり腰”をしてから足に神経痛や痺れがある場合は、ヘルニアを発症している可能性があります…悲)

これを見逃すと、その先の状態は悪化する可能性が非常に高くなります 汗)



ヘルニアの代表的な症状の一つに坐骨神経痛があります。
非常に厄介な神経痛です。

TLBC SAKAI OFFICE坐骨神経痛

ここで簡単にヘルニアについてお伝えします。

背骨の間に椎間板があります。
背骨のクッションの役割を担っているとても重要な組織です



この椎間板は、20歳以降はドンドンと組織の老化が進み柔軟性が消失していきます。



背骨の歪みに伴って圧迫され「突び出す」ことになる・・・ヘルニアとは“突出する”という意味でもあります。


※ヘルニアについては別記事で詳しくお伝えします。



坐骨神経痛を簡単に言うならば、腰椎から足へ伸びた太い神経がヘルニアした椎間板により圧迫を受ける神経障害です。



痛みやしびれが悪化すると麻痺などの神経症状を発症する、非常に厄介な神経痛です。




整形外科ではビタミン剤や血流を改善する薬を処方され保存療法、または神経ブロック注射や、外科的処置としてオペを行います。

一度の注射や外科的処置のより、ヘルニアの症状が改善された話を聞きますが、しかし、症状が“ゼロ”即ち症状が全くなくなるケースは稀だと聞きます。

従って・・・ヘルニア症状が再発するケースもよくあるということです。


大変辛い症状なので一時的な症状緩和として、対処療法も必要なケースもありますが、本来なら症状を出している原因を見つけ出し対処することが、再発防止となることはお分かりいただける筈です。


ここで・・・
腰椎ヘルニアを発症しやすい2つのポイントをお伝えします!


その1 「栄養不良による椎間板へのストレス」


血液の栄養状態「栄養がたりてない」


偏った食生活や消化吸収機能の低下により、栄養不足となりコラーゲン生成がスムーズに行えない為老化が進む、または修復が遅れる。



ちなみにコラーゲンは私たちのからだの中で作れる物質。



必要な栄養素はタンパク質(アミノ酸)+ビタミンc+鉄。



椎間板の老化防止にこれらの栄養素の不足は避けなければならないのですが、巷で良く売られているコラーゲンゼリーやドリンクを飲まれている方が多いですよね。

(結構いいお値段な)ゼリーやドリンクでコラーゲンを摂取しているから大丈夫よ!


少量では老化防止に役立っていませんし、すでに不足が続いて硬くなっているならば、大量の摂取が必要になります。

また、椎間板周囲の毛細血管から栄養を補うので、血液状態が悪い(ドロドロしている)と流れが悪くなり栄養不足となります。




栄養が不足状態かどうかは簡単に未病検査で確認することが出来ます

その2  骨格即ち背骨に於ける「腰のカーブの歪み」

構造上、背骨はS字状にカーブし、首と腰は前に向いてカーブしています。              

この背骨の基本形で重要な“頭”を支えバランスを取っています。




背骨の歪みにより、腰椎のカーブが減少すると、腰の筋肉へ負担をかけます。

そして背骨の関節の動きが悪くなります。
骨と骨の間にある椎間板への圧力が高まり続けると、外へ突出する力が掛かりヘルニアのリスクが高くなることになります。




ここで重要なことをお伝えします・・・「腰のカーブがない場合は、首のカーブもありません」。


どういう事かは、可視化したレントゲンデータでご確認ください


TLBC SAKAI OFFICE 頚椎 TLBC SAKAI OFFICE頚椎

TLBC SAKAI OFFICE腰椎 TLBC SAKAI OFFICE腰椎


ご覧いただいた様に・・・腰のカーブが少なくなり負担かかかり続けると、ヘルニアにまでいかなくても慢性的な腰痛に悩まされる確率が非常に高くなります。




ですので慢性の腰痛でお困りの貴女は、腰に現れている症状に手を加え続けている事が、良くならない大きな要因なのです。



老化して硬くなった椎間板に、高い内圧が掛かり続けている状況にそこに急圧が加われば…



想像してみて下さい。

外膜を突き破り、ヘルニアするリスクが高くなりますね(怖)



TLBC SAKAI OFFICEヘルニア

慢性的な腰痛を抱えている上で、



骨格の歪みが気になっている方



食生活で不足栄養が気になっている方


同じ姿勢で作業される方(デスクワークやドライバー、中腰の姿勢での作業)


運動不足が気になっている方

は、必ず可視化されたレントゲンで背骨の状態、いわゆる骨格に問題の有無を確認する必要があります。




突然のヘルニアが発症したらどうしよう。。。

明日から大切な商談があるのに

試験がちかく勉強しないといけないのに

大事な試合あるのに

海外旅行を控えているのに

不安が募ります





ストレスを抱え込んでいる状態は、痛みという症状はなかなか良い方向へいかないのです・・・





しかし、もし「将来的にヘルニアを発症する可能性が高い」リスクが事前に分かれば、それなりの対処ができると思いませんか?

カラダの中をレントゲンで確認する事で、簡単にヘルニアのリスクを確認する事ができます。


その症状はヘルニアかもしれませんねと曖昧な言葉を信じてはいけません。



必ずご自身の目で背骨が正しく整列しているかどうかを必ず確認することです。




本日も最後まで読んで頂きありがとう御座いました。